坂本眼科湘南クリニック
〒251-0044
神奈川県藤沢市辻堂太平台1-3-2

TEL: 0466-35-0211

院長紹介

院長挨拶


患者さんにご安心していただけるよう、質が高く、安全な医療の提供を目指していきますので、
どうぞ宜しくお願いいたします。


院長 坂本 則敏

所属学会・認定医など

・日本眼科学会 会員
・インフェクションコントロールドクター
(眼感染症の早期発見と対策を専門とする眼科専門医)
・日本緑内障学会 会員
・日本眼感染症学会 会員
・日本化学療法学会 会員
・日本コンタクトレンズ学会 会員
・日本手術学会 会員
・日本神経眼科学会 会員

最近の業績

(1)第40回全国学校保健・学校医大会 第5分科会「眼科」
5.CL装用生徒の結膜嚢内細菌汚染状況とCLケース内細菌環境
神奈川県医師会
坂本則敏

(2)「高校生のコンタクトレンズ現況」
日本コンタクトレンズ学会誌 51巻4号
(2009年12月28日発刊予定号)

(3)藤沢市内科医学会誌
平成21年2月14日
「麦粒腫等眼瞼の化膿性疾患に於ける治療現況」
坂本眼科湘南クリニック
坂本則敏

(4)眼科臨床紀要 2巻3号 2009
第44回北里大学・神奈川県眼科医会
合同リサーチカンファレンス
「麦粒腫等眼瞼の化膿性疾患の薬物療法の方針の1考案」
坂本則敏(坂本眼科湘南クリニック)

(5)第39回全国学校保健・学校医大会:発表
第4分科会 眼科 平成20年11月8日
「高校生に対するCLケア指導後の結膜嚢内細菌の有無についての調査」
神奈川県医師会
坂本則敏

(6)日本コンタクトレンズ学会
平成20年7月11日(福岡):発表
「コンタクトレンズケアの(好気性)細菌学的検討」
北里大学眼科 坂本則敏

(7)眼科臨床紀要1巻8号 2008
第117回神奈川県眼科集談会
「2007年の藤沢市市中眼科クリニックに於ける(多剤)耐性化率と2005年度の結果との検討」
坂本則敏(坂本眼科湘南クリニック)

(8)日本眼感染症学会誌 第2巻 2007
術後眼内炎の予防・治療に関する基礎医学的根拠の一つとしてのPAE・PASME
坂本則敏(坂本眼科湘南クリニック)・清水公也・兼子謙一・井上松久(北里大学)

(9)日本コンタクトレンズ学会誌
51:260-266,2009
高校生の適切なコンタクトレンズのケア方法
坂本則敏・宇津見義一・神谷和孝・清水公也
北里大学医学部眼科学講座

(10)藤沢市内科医学会誌
平成22年2月20日
CL(コンタクトレンズ)装用高校生のCLの使用状況とCLの汚染およびCLケース汚染状況
坂本眼科湘南クリニック
藤沢市眼科学校医

眼の病気は進行すると視力低下、失明という事も考えられます。

定期的な健診が早期発見・早期治療につながります。

医院名坂本眼科湘南クリニック
代表者名坂本 則敏
診療科目眼科
住 所〒251-0044
神奈川県藤沢市
辻堂太平台1-3-2
電話番号0466-35-0211